与謝野町商工会 – 海・山・商いのまち与謝野町

お知らせ一覧

緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金について

  • 2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」が給付されます。
  • <給付対象のポイント>
  • ①緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること (飲食店の時短営業又は外出自粛等の影響を示す書類の保存が必要です。申請時に提出は不要ですが、事務局等から求めがあった場合には、速やかに提出してください。)
  • ②2019年比又は2020年比で、2021年の1月、2月又は3月の売上が50%以上減少した事業者
  • <給付額>
  • 2020年又は2019年の対象期間の合計売上-2021年の対象月の売上×3ヶ月
  • 【中小法人等】上限60万円  
  • 【個人事業者等】上限30万円
  • 【対象期間】1月~3月
  • 【対象月】対象期間内に、2019年又は2020年の同月と比べて、緊急事態宣言の影響により事業収入が50%以上減少した月から任意に選択した月
  • 詳しくはこちらをご確認ください。
2021-03-09 | Posted in お知らせ

 

令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になります

  • 事業者が消費者に対して行う価格表示が対象です。 店頭の値札・棚札などのほか、チラシ、カタログ、広告など、どのような表示媒体でも、対象となります。
  • 詳しくはこちらPDFをご確認ください。
2021-02-17 | Posted in お知らせ

 

「観光・伝統・食関連」産業連携事業緊急支援補助金募集開始について

  • 新型コロナウイルス感染症の感染急拡大による難局を乗り越えるために、「観光産業」「伝統産業」「食産業」をテーマとした企業等の共同で行う新たな取組に要する費用の2/3を補助されます。
  • 【対象者】(申請資格) 観光産業、伝統産業、食産業に関するテーマ(※)で新たな事業を共同で行う2以上の事業者による”企業等グループ又は組合”
  • 【補助対象事業 】 観光産業、伝統産業、食産業に関するテーマで新たに行う
  • ①共同事業(必須):グループ又は組合が連携して取り組む事業のこと
  • ②付随する各事業者の事業:各事業者が共同事業に関連してそれぞれ行う単独事業のこと  
  • 【募集期間】 令和3年2月15日(月)~3月25日(木) 郵送提出・当日消印有効
  • ※郵送提出のみ受付
  • ※受付は随時行いますが、締切後、補助要件の確認や評価により、不採択になる場合や、申請額から減額となる場合があります。  
  • 【事業実施期間】令和3年2月15日(月)~8月31日(火)
  • 【補助率】補助対象経費の2/3以内
  • 【補助上限額】 20万円×事業者数+10万円(2-4者の場合)、50万円(5-9者の場合)、100万円(10者以上の場合)
  • 1グループ・組合 最大500万円
  • ※グループ全体又は組合全体の補助上限額であり、その構成事業者各社の補助金額は、その範囲内で任意の額です。
  • ※同一の事業者が複数のグループ又は組合に参画する場合であっても、1事業者あたりの補助額合計の上限額は500万円とします。
  • ※京都府の予算の都合上、交付申請額より減額した交付決定となることがありますので、予めご了承ください。
  • 【対象経費】①旅費、②直接人件費、③材料費・消耗品費、④財産購入費等・備品購入費等、⑤外注・委託費、⑥その他直接経費
  • 詳しくはこちらをご確認ください。
2021-02-16 | Posted in お知らせ

 

テレワーク導入支援緊急補助金の募集について

  • 本事業は新型コロナウイルス感染症の緊急事態措置として「出勤者の7割削減」を目標に、テレワークを行う事業者を支援するため、京都府の補助を受け、京都府中小企業団体中央会が京都府テレワーク推進センターと連携し実施されます。
  • 【補助対象期間】令和3年2月10日(水曜日)~3月10日(水曜日)
  • 【補助対象事業】上記期間内に京都府内の事業所において新たにテレワークを実施する事業
  • (事業例)
  • テレワークの導入のために行う就業規則等社内規定の整備及び情報通信機器の導入
  • テレワークの利用促進に向けた社内研修の実施、各種セミナーへの参加等
  • 【補助率・補助額】 中小企業者等:補助対象経費の2分の1以内(上限50万円) 小規模企業者:補助対象経費の3分の2以内(上限50万円)
  • 【補助対象経費】 講師謝金・旅費・機器のレンタル、リース及び購入経費・教育研修費・役務費・委託費等
  • ※就業規則の作成・見直しに係る経費等については、補助対象経費として合計200,000円を上限とする。
  • 詳しくはこちらをご確認ください。
2021-02-16 | Posted in お知らせ

 

「伝統への現代デザインの応答-Altanative Futures-」巡回展(丹後)が開催されます

  • 丹後ちりめん創業300年事業実行委員会では京都工芸繊維大学KYOTO Design Labが主催する「テキスタイルサマースクール」を同Labと共同し、2017年より実施されています。
  • 京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab が東京ギャラリー・堀川御池ギャラリー(京都市)で実施した展覧会「伝統への現代デザインの応答-Alternative Futures-」が2月10日(水)~12日(金)に丹後で巡回展示されます。
  • 丹後ちりめんを題材にした8カ国15名のデザイナーによる現代デザインが展示される他、2月10日(水)13時からはセミナーが開催され、本取組に関わった京都府織物・機械金属振興センター職員、丹後織物事業者、大学教授等による発表もあります。
  • 丹後ちりめんの可能性を広げる内容ですので、是非ご来場ください!
  • 【丹後展】
  • 会期:2021年2月10日[水] – 2月12日[金] 9時~17時 最終日のみ14時まで
  • 場所:京都府織物・機械金属振興センターB棟2F交流スペース
  • 住所:京都府京丹後市峰山町荒山225 
  • 入場:無料
  • セミナー:2月10日[水]13時~セミナーを行い、YouTubeでのライブ配信も行います。
  • <YouTube>https://youtu.be/kbFrj6YChNc
  • 主催:丹後ちりめん創業300年事業実行委員会 企画制作:京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
  • 協力:京都府織物・機械金属振興センター キュレーション:ジュリア・カセム特命教授(京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab)、上田香准教授(嵯峨美術大学)
  • 【リンクは下記をクリック】
  • 〇2020年は丹後ちりめん創業300年FACEBOOKイベントページ
  • 〇丹後織物工業組合ホームページ
  • 〇KYOTO Design Labテキスタイル・サマースクールとは
2021-02-10 | Posted in お知らせ

 

京都府緊急事態措置協力金【延長分】について

  • 京都府では、京都府内にある飲食店等に対し、令和3年1月14日から令和3年2月7日まで営業時間の短縮を要請しているところですが、緊急事態宣言の期間が令和3年3月7日まで延長されたことに伴い、時短要請を行う期間を令和3年3月7日まで延長されました。 対象施設を運営されている方で、時短要請に協力いただいた企業・団体及び個人事業主の皆様に対して「京都府緊急事態措置協力金」を支給されます。
  • 詳しくはこちらからご確認ください。
2021-02-05 | Posted in お知らせ

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 50